東京南青山小原流会館SHIZENNECTION

アクション第4弾は、
2020年11月22日(日)9:00~ 11月23日(月)19:00開催 
(アーティストトーク:11月22日(日)13:00〜14:30)
東京 南青山にある、いけばな小原流会館にて。
同会館を「創造の場」として、日本伝統文化ならではの自然観から着想を得たアート展を企画開催します。
展示作品は販売も致します。

■主催:「創造の場」実行委員会
    アーティスト代表:佐野圭亮 
■企画:SHIZENNECTION
■協力:小原流会館

いけばなの自然の捉え方として、
生け手の考えや意向よりも素材そのものの声を聞き、その対話の中で花材のあるがままの姿に美を見出し、生命の形を与えていくというアプローチがある。
そしてその美は、草木や花々の満開の美しさだけでなく時を経て枯れ朽ちていく、うつろう様も生命の美として捉える。
これら、〝あるがまま〟と〝うつろい〟は、日本文化ならではの自然観と言える。

本展では、東京藝大卒のアーティスト以下7名が、上記の日本文化の自然観における二大テーマに沿った作品を発信します。

佐野圭亮  (アーティスト代表)
秋山大樹 
木下はるか
高橋侑子
張清越 
山田高央 
若月美南

カテゴリーNEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です